人気ブログランキング |

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最近のこと

永久に積もりっぱなしと思われた雪が、このところの気温の上昇で一気に融け始めている。
駐車場は緑の草まで見えて、春が近いのを感じる。

朝は冷えるけれど、1月のように窓が凍りついていることもなく、エアコンつければ5分で暖気が出てくる。
確実に暖かい。

このところ、家族間で胃腸炎が蔓延していて、ついにふみこが一週間も欠席した(流行性だから出席停止扱い)。
具合が悪くても食欲だけはあったふみこが、ここ2日の激しい嘔吐でついに絶食状態。
長くてつらそう。早くよくなりますように。

タツジは1日入園および保護者説明会があり、いよいよ4月から幼稚園生活が始まる。
友達と遊ぶのを心待ちにしていたから、めいっぱい楽しんでほしい。

しゅうへいも、入学説明会が終わり、学用品を購入した。
ランドセルは来週届く予定。
本人は淡々としていて(どちらかと言えば行きたくない)、「家で学用品使いたいなあ」などと言う。

ルンルン楽しく通う様子は全く想像できないけど、少しずつなじんでいってほしいと願っている。

さて私にもついに変化の時が。

4月から、町内の老人介護施設で事務のパートとして勤めることになった。

しゅうへいもタツジも新しい生活に入るタイミングで、負担をかけてしまうなあと思いつつ、我が家の家計のために(笑)、私が「私」として充実して生きる時間のために、それにより少しでも母親として生き生きとするために(これは希望だけど)、三束のわらじを履くことにした。

しゅうへいは早帰りだから、学校敷地内にある学童保育に。タツジは幼稚園の預り保育に。シホは職場の敷地内にある保育園に。

あとひと月、しっかり準備して、全員でよいスタートを切れますように!
by stafyk | 2014-02-28 17:02 | その他

子どもの器

先日のきょうだいの会話。

タツジ「人って、どうして(生きて)いるの?」
しゅうへい「誰かが寂しくないようにだよ。地球が涙でいっぱいにならないようにだよ」

さりげない答えに、しゅうへいのすべてが詰まっているような気がして、一瞬、言葉を失ってしまった。
しゅうへいは時々、こういうことを言う。

ちなみに私は「生きているから生きるんだよ。生かされてるから生きるんだよ」と答えていたのだけど(若干の諦念を込めて→暗い(笑))、しゅうへいの答えの方が優しさと明るさに満ちている。

最近思うのは、子どもの、ひいては人の、内面は限りなく広くて深くて、その内面は見極めることなどできないということ。

親だから子どもは腕の中だと思っていたら、気づいたら、腕にはおさまりきらない存在になっている。

子どもたちを自分の尺度で見ないように気を付けたいと、改めて思うのでした。
by stafyk | 2014-02-28 17:02 | その他

雪景色

f0294128_18463995.jpg

f0294128_18463926.jpg

f0294128_18463931.jpg

f0294128_18463966.jpg

1月末からしばらく暖かい日が続き、道路は完全に乾き、駐車場の雪は少しずつべちゃ雪になり、屋根の雪も全部落ちた。
2月3日になって全国的に冷え込み、雨が雪に変わった。
昨日、5日は一日中氷点下で太陽も出てこなかった。

初めて、吹雪の中の幼稚園のお迎え。

すっかり雪が好きになり、雪を歩くのがことのほか気に入ったシホは吹雪もなんのその。
車を降りると元気に走り出す。
寒さで縮こまるのはタツジ。
しゅうへいは皆が身につけるスキーウェアのズボンを嫌がるので、こんな日は寒い。

ということで、シホが一番の元気娘だった。

雪はそれほど降らないけど、冷たい風が吹くこの2日間。
2月が一番厳しいというけれど、確かに朝の冷え込みはすごい。
と思った今朝、なんと台所の水道の蛇口からつららが!

さすが2月。
これからこんな日が増えるのかな。
あとひと月半ほどで雪解けに向かうとか。
春が楽しみ。
by stafyk | 2014-02-06 18:46 | その他

「うーたん」

シホが自分のことを「うーたん」と言い始めた。本人は「しほちゃん」と言っているつもりかもしれない。
自分を呼べるようになるとやはり嬉しいようで、「うーたんのは?」とか、絵本で複数のキャラクターが出てくると「ママとうーたん」と紹介してくれる。

ちなみに家族は
父さん→とぅーたん
母さん→ママ
ふみこ→ぷいちゃん
しゅうへい→ぷぅくん
タツジ→アツジ

タツジだけ呼び捨てなのが面白い(みんなはタッチャンと呼んでいるんだけどね)。
by stafyk | 2014-02-05 13:28 | その他