人気ブログランキング |

カテゴリ:猪苗代のこと( 7 )

8月30日と31日、福島大学の小山良太ゼミナールが主催する
「街なかマルシェ」が、福島市街地の広場で開催された。

このマルシェは震災前からやっているということで、
お知らせのHP(コチラ)には、

 6次産業化や地産地消を目的とし行ってきましたが、
 原発事故を受け、一昨年からは、復興と福島県農業の
 正しい情報の発信を目的に「復興マルシェ」と題し、
 イベントを開催しています。

と書いてある。

オットがかかわっていることもあって、家族で31日に
マルシェに行って来た。

学生さんたちがお揃いのTシャツを着て、農産物の生産者と一緒に、
さまざまな農産物やジャム、漬け物などの加工食品を売っていて、
お客さんも首都圏からの人を含めてとても多く、活気のある市場だった。

中央のステージでは、学生さんが生産者の方にインタビューをし、
放射性物質をどのように取り除いて来たか、風評とどのように
向き合っているか、などについて話をしていた。

テントで休憩している時に配られたアンケートに答えていたら、
こんな設問があった。
「あなたは、福島産の食品を購入しますか。
  1、こだわらずに購入する。
  2、食品の種類によって購入する。
  3、福島支援のために購入する。
  4、福島産は購入しない。」

5月に引っ越して以来、(事前に「福島産のものは買わない方が
良い」という「福島県の人のアドバイス」を得ていたこともあり)
スーパーでは「福島産」を避けていた。
必ず、産地はチェックする。

一方で、生協が扱っている会津産のコメは買っている。
猪苗代産の野菜なども、買っている。
道の駅などの産直野菜も、買う。
また、全生産物について、独自に厳しい放射性物質の検出の上限を
定めている「ゆうきの里東和」(二本松市)のものなどは
安心して買ったりもする。
(ゆうきの里東和についてはコチラ参照)

福島産、と一くくりにはしないが、福島の農産物に対して、
警戒もしている。それが、私。

そして、近所の人は、何か果物をくれるとき、
「これは福島じゃないからね」
とか、
「これは会津の方だから大丈夫」
と言ったりする。

福島県内で、「福島産は危ない」と思う人が多いという事実。
実際は、検出ゼロだったとしても(そういうことが既に多い)。

「あなたは、福島産の食品を買いますか」

これは、とっても重い質問だ。

私1人だったら、たぶん、あまり気にしない。
市場に出ているのだから、と安心して購入するだろう。

でも、我が家には1歳から7歳までの小さな子がいる。
小さい子に、少しでも危険のありそうなものを
食べさせて良いものなのだろうか?

ただ、今回、マルシェに参加して、はっきり確信できたのは。

生産者の声が聞けて、顔が見える時、その農作物や加工品は
自分の生活の中に取り入れやすくなる、ということ。

いかに安全に気を配って食品を作っているか、提供しているか、
いかに心を込めて、愛情を込めて、作物と接しているか。
それが、見えるから。

そんなことを思っていたら、ちょうどタイミングよく、
NHKで面白い番組をやっていた。

ツイッターで、原発事故後、フクシマ産食品や
放射能被害について警戒するよう
積極的に発信していたオピニオンリーダーが、
福島に出向き、桃農家でどのように放射能問題と
向き合っているか話を聞き、いかに安全な桃を作っているかを
目の当たりにして以来、
「福島に行ってみてください。」
「農園を訪ねて、農産物を食べてみてください」
とメッセージを流すようになり、姿勢が変わったとのこと。

現地に行く。
話を聞く。
顔を見る。

いろいろなことに通じることだけれど、この3点は、特に
福島の風評被害に向かうためには、大事なことだ。

私の場合は、住んでみて初めて、だけど。

東電、政府、原発、、いろいろ思うところはあれど、
今とりあえずできることは、「作っている人」の
そばに行き、作られたものを手にすることかな、と思う。
by stafyk | 2013-09-12 16:03 | 猪苗代のこと

友達家族が来てくれた!

大学時代からの友達、Y子ちゃんとその家族(7歳と5歳の兄弟)が、
秋田のお祖母ちゃんの家からの帰り道、
猪苗代に寄ってくれた。

寄ってくれた、と言っても、片道で6時間なんだとか!
東京⇆秋田より、ずっと遠いんだとか!

本当に本当に、どうもありがとう〜。

しゅうへいは幼稚園、ふみこはもう学校が始まっていたので、
会う時間そのものは短かったけれど、
わざわざ遠くから遊びに来てくれる、というのがとっても嬉しい。

最初は、合流してからどこかに遊びに行こうかと考えていたのだけど、
家に来てもらったら、それはそれでまったり近況を話したり、家の中で遊んだりで、
「湖でも見に行こうか」という段になったら、既に4時近くになっていた。
その上ふみこもしゅうへいも、新学期の疲れからか「家にいたい。留守番している」
などと言う始末。

いったん別れた後、せっかく来てくれたのに、あっさりし過ぎな
別れ方が気になって、上の2人に少し留守番してもらって、
下の2人を連れて湖に向かって追いかける。
駐車場で再会し、町のレストランに一緒に行こうか、ということになって、
今度はふみことしゅうへいを連れて、石釜ピザが売りのレストランへ。

子どもの世話に追われながらも、楽しく食事もできて、
駐車場にてお別れ。

全くおもてなしができず(それどころかごちそうにまでなってしまった!)
とても心苦しかったけど、
会えたことだけでも良しとしよう。

Y子ちゃんといると、とてもほっとする。
大らかなY子ちゃんの人柄には、子どもたちもすぐに打ち解けていた。
ダンナさんのK君には、人見知りして階段にひっそり座っていたシホと
遊んでくれたり、タツジの食事やトイレの世話をしてくれたり、
何かとお世話になりました。

今度はいつ会えるかな。
元気でいてね、K家の皆さん!
by stafyk | 2013-08-29 22:37 | 猪苗代のこと

姉一家、来宅!!

8月17日。

3年間オーストラリアに赴任していた姉一家が、
6月の末に赴任を終えて帰国し、夏休みを利用して
我が家に遊びに来てくれた。

姉の家は3人の男子の兄弟で、一番上はふみこの一つ上、
一番下はタツジと同じ年なので、ほとんど重なっている。
去年、いとこの結婚式の機会にランチを一緒にしたけれど、
ちゃんと会うのは本当に久しぶり。

久しぶりに会う甥っ子たちは、それぞれ背は高くなっていたけれど
ずっと変わらない感じもした。

着いたのは夕方だったので、すぐに夕食の支度。
屋外でバーベキューもちらっと考えたのだけど、
テーブル出したり虫除けしたりとするのも
若干面倒になり、家の中での鉄板焼き、と相成った。

タツジと、一番下の甥のS君が、これがまあ気の合うこと。
同じようなワンパク坊主同士で、2人で乾杯したり
おしゃべりしたり。
顔も髪型も似ているものだから、まるで双子のようだった。

しゅうへいは照れて一言もしゃべらず。
でも、雰囲気を楽しんでいる様子。
ふみこは最初こそ、おしとやかな女の子を演じていたけれど、
そのうちいつものパワー全開のにぎやか女子となって大騒ぎ。
シホはすっかり人見知りっ子になって、私にベッタリだった。

食後は花火を皆でやってその日は就寝。

翌日。
小学生チーム(ふみこ、E君、R君)は5時に起きて近くをお散歩。
この日のことだけでなく、5時起きの散歩もしくはランニングは、
E君の毎朝の日課だそうな。

9時半の出発に合わせて、私と姉は朝食後、せっせとおにぎりと
お弁当作り。
この日の計画は、
1、緑の村での魚つかみ取り&塩焼きのランチ
2、猪苗代湖での湖水浴
f0294128_2213684.jpg

魚つかみは、以前に行ったときより水温は上がっていて、
冷たさもちょうど良く、好天に恵まれて大人もおおいに盛り上がり。
全部で23匹も穫って、1人2匹づつ食べられることになった。
わお。
一匹は塩焼き。
もう一匹は唐揚げ。

唐揚げは初めて食べたけれど、頭からしっぽまで、余すことなく
食べられるぐらい火が通っていて、とっても美味しかった!
シホも塩焼きは丸一匹食べられる。

満腹したその足で、今度は猪苗代湖へ!
f0294128_2213686.jpg

水温は温かく気持ち良かった反面、
前回はなかったトゲのついた植物が大量に湖底に転がっていて、
子どもたちは足が痛かったらしい。
それでも遠浅の天神浜は、小学生は浮き輪もなく潜ったり
泳いだりするのにちょうど良いようで、たっぷり3時間ぐらい
楽しんだのだった。

この日は、姉一家は裏磐梯にあるホテルに泊まるので、
しばらく家でゆっくりおやつなどを食べて過ごした後、
少しのお別れ。

翌日、昼頃に裏磐梯の五色沼入り口で合流し、まずは
毘沙門沼の上でお昼ご飯。
(姉一家は、その前に約1時間の五色沼散策をしていた)
車で移動し、今度は中津川渓谷に約20分間の
トレッキングすることに。
何の準備もしていなかった我が家の子たち、みんな
サンダル。私もつっかけのようなサンダル!
トレッキングをなめてます。

でも、ほとんど階段がついていて、それほど急な
斜面もなかったので、その軽すぎる装備でみんな無事に
渓谷に到着。

その風景に、しばし圧倒されて言葉が出なかった。
石にはコケの一つもなく、ただひたすら透明に澄んだ
水が、轟々と流れている。
水は氷のように冷たく、まさに自然そのものだった。

冷たいながらもみんなで水の中に入ってしばらく遊ぶ。
シホも、私の姉のすぐ横で、じっと水にたたずむ
(今思えば、これが風邪悪化のきっかけだったけど)。
ここでも4歳男子コンビは仲良く何やら叫びながら
石を投げて遊んでいた。
良かったね、気の合う友達が出来て。
と、双方の母たち、ニコニコ眺める。

たっぷりマイナスイオンを浴びて、再び山を登り、
帰路に就く。途中で、ホテルに行く姉一家と別れる。

姉一家は翌朝早く出て長野に行くというので、
その後、夕食時に家に立ち寄ってくれ、最後のあいさつをした。
(子どもたち、実にあっさりしたものだったけど)

短かった3日間。
でも、内容はとっても濃かった!
何しろ、インドア派な我が家の子たち、トレッキングなんて
生まれて初めて。
そんな体験を、姉一家とできて、とっても楽しそうだった。

緊張気味で言葉が少なかったしゅうへいだけど、
最後は、一緒にいるのが当たり前ぐらいになじんでいた。
シホも、若干人見知り状態は続いていたけど、
姉とは何だか仲良くなったし、最後は、私がいなくても
いつものようにおしゃべりしたりするようになった。

しばらく会えないけど、同じ日本にいることだし、
会おうと思えばいつでも会える、と思えるのが心強い。
姉は私にとっては、一番のママ友なので、
気軽に電話できるというだけでも、とても嬉しい。

ぜひまた遊びに来てね!
冬もぜひ来て、スキーもしましょうね〜。
by stafyk | 2013-08-19 21:59 | 猪苗代のこと

湖水浴!

f0294128_1330186.jpg

昼前、磐梯町のアスレチック公園(おおるり公園)に行こうと思ったところで外が暑くなってきたので、急遽予定変更!
猪苗代湖の天神浜に湖水浴に行ってきた。

猪苗代湖で初めて見る砂浜。
広くて海みたい!
(前日に大雨だったので、湖はだいぶ濁っていた)

f0294128_1330115.jpg

駐車場から歩いて3分くらいで砂浜に出る。
早速子どもたちは浮き輪を持って泳ぎに。
私も一緒に泳ぐ。気持ちいい〜。
f0294128_1330120.jpg


時々太陽が雲に隠れると寒くなり、また晴れて暖かくなって、を繰り返し、3、40分水の中で遊んでから浜に上がっておやつタイム。

合間にシホも私の抱っこで水に入る。
最初は足が水につくだけでも泣きそうになっていたけど、徐々に慣れ、抱っこのままでじっとしていればニコニコするまでになった。

f0294128_1330177.jpg

砂浜も、シホはどう立っていいか分からず戸惑っていたけど、だんだん砂の感覚を楽しめるようになった。
そういえばシホはあまり公園の砂場遊びもやらせていなかったんだった。

おやつの後は砂浜でボール遊びや宝探し、お絵かきなどしてゆっくり過ごし、3時過ぎに帰路に就いた。
f0294128_1330195.jpg


帰宅寸前に、磐梯まつりの会場の横を通ったので、父さんと上三人がまつりの出店にお出かけ。

湖水浴もまつりも楽しめて良かった良かった!

磐梯山をバックに湖水浴。なんと雄大なんでしょ。

猪苗代湖には会津若松方面、郡山方面、猪苗代町方面、と幾つも浜があるけど、我々が行った天神浜はその中でも地元の家族連れ、遊泳客ばかりの静かな浜らしく、今日も穏やかな雰囲気だった。

浜までは車で20分弱なので、また近々(もう少し暑い日に)行きたいものです。
by stafyk | 2013-07-28 13:30 | 猪苗代のこと

「緑の村」で木の工作!

「緑の村」に木片を使った工作(ネイチャークラフト)をしに行きたいと行くものの、二日目の昨日は、着いたら「終了しました」の看板が出ていて断念(言えば入れたらしいけど、小心の私は言えなかった)。

帰りに「あら!いらしていたんですか。席は空いてたのに」と、初日に話した女性が声をかけてくれた。
申し訳なく思ってくださり、こんな鉛筆型のストラップを子どもたちにくださった。

f0294128_10272290.jpg

スミマセン!

翌日の土曜日。
朝電話して時間を確認し、ついに開いている時間に入ることができた!

もちろん大歓迎。

この「森の工作どんぐり」を主宰しているNPO法人「こどもの森ネットワーク」は、2000年から磐梯高原で「森の学校フォレストランド」を展開していて、森遊びの体験なども提供している。
東日本大震災後は、放射能の問題で土を触れなくなった子どもたちを多く受け入れて、土や森に触れる体験をさせているらしい。
森の遊びもそのうちに行きたいな。

話は戻り。

工作は、ふみこがプレート、しゅうへいが大きなカブトムシ、タツジがミニカブト、私がシホのプレートをそれぞれ制作。
f0294128_10272118.jpg

f0294128_10272256.jpg

f0294128_1027222.jpg


木片を使った工作はなかなか楽しくて、私もすっかりはまってしまった。

帰宅してから磐梯まつりに行こうと思ったら大雨になり、断念!
男子たちはカブトムシ遊びを楽しみ、午後を過ごしたのだった。

それにしても連日雨ばかり。早く梅雨が明けるといいな〜。
by stafyk | 2013-07-27 10:27 | 猪苗代のこと
f0294128_1740758.jpgf0294128_1740736.jpg
夏休みに入って、ここぞとばかりに家の片付けなどしてインドアで過ごしていたので、今日は車で15分くらいのところにある「緑の村」というところに遊びに行ってきた。
「緑の村」には、淡水魚水族館、森の工作ルーム、釣り堀などがある。
子どもたちが森で遊ぶプロジェクトなどもあって、意外と奥深い。

昔、山の中を硫黄を運ぶディーゼル鉄道が走っていた(その前は馬鉄道)とかで、古い当時の鉄道が置いてあり、さらに古い駅舎を模した食堂がある。

食堂でそばを頂いてから、いざ工作、と思ったら今日は団体さんが入ってしまい一般客はできないとのこと。
残念!
では釣り堀で釣りでもしようと思ったら、小学生以下なら手づかみの方がいいよ、とおじさん。

言われたように、車で5分くらい山を登ると、「緑の村」の一部でもある魚手づかみ場が見えてきた。

最初はなかなか採れなかったけど、水が冷たくて悲鳴をあげながらも、ふみこはヤマメ1匹とニジマス4匹をつかみ取り、私もシホを抱っこしながら1匹捕らえて、全部で6匹を焼いてもらった。
f0294128_1740778.jpg
f0294128_1740749.jpg

美味しい〜!!

川魚は淡白な味だけど、繊細な身を食べるのは大好き。
小さいときから、知人のおじさんが山に行って釣ったのをお裾分けしてくれたので、川魚には馴染みがある。
シホ含め、子どもたちも1匹づつペロリと平らげて、一番大きな1匹はオットにお土産。
f0294128_1740776.jpg

帰りにまた最初の場所に戻ってアイスを食べて、帰路に就く。

ふみこはつかみ取りがとにかく楽しかったようで、またやりたい〜と言う。
でも何度もやるには高すぎる。次は来月だなー。

ちなみに福島県内北部の自然のヤマメやイワナ、ニジマスは、放射性物質が検出されているので、採ったり食べたりできない。
山にはまだまだ放射性物質が多いのだ。

それにしても、猪苗代自体が高原リゾートだから当然ではあるけど、今までなら旅行でしかできないような楽しみが近所のあちこちにあるなんて、本当に恵まれた環境!
まだまだ知らない場所がたくさんあるから、これから発掘していけるのは嬉しい。
by stafyk | 2013-07-25 17:40 | 猪苗代のこと

いちご

f0294128_7581492.jpg

長女を送りがてらごみ出しに行ったら、畑仕事中の大家さんが「いちごもってかない〜?」と。
畑になってるたくさんのいちごをいただいた。

そしてなすの苗も3つ。

ありがたいことです。

いちごもいつかやりたいな〜。
by stafyk | 2013-06-17 07:58 | 猪苗代のこと