四人目の自立への道

f0294128_15101912.jpg

f0294128_15101983.jpg

シホの成長が著しい。
あと3ヶ月で二歳だもんねえ。

男子に比較して女子は社会性があって自立心が強いように感じるけど(男子は目の前のことに一生懸命な感じ?)、それが四人目だと、手本が多いからか自分もできると思いこんでいて、実際にできてしまうことも多い。

箸をもって食べる(けっこう正しい持ち方)、
画用紙に小さな◯を描くのが好き、
お兄ちゃんに注意する(真似をする)、
お片づけが上手、
ジャンプで前に移動する、
などなど。

最近では、自分でズボンとオムツをおろしてトイレに行き、
補助便座に乗せるとおしっこやウンチが出たりするように!

びっくり。

昔は一歳でオムツ外れていたんだから、びっくりするのも子どもに失礼なんだけど、実に今までオムツはずしに苦労してきたので、自分からやってくれるようになるのは助かる。
もちろん、毎回じゃないけどね。

オムツ外しも近づいてきたところで、まだキレイな布オムツたちを使ってあげなければという気持ちになり、ネットで調べてみたらば。

今はパンツ型布オムツカバーなるものが開発されてるのね!
ふみこの時はパンツ型はなかったので、よくおしりにカバーをぶら下げながら歩くのを追いかけて布を差し込んでいたものだ。

ということで、残りわずかなオムツタイムを楽しんで過ごしたいなあと奮発してカバーを購入してみた。
でもすぐ濡れるから二枚では間に合わず。
結局まだ紙のお世話になることが多いのだった。
by stafyk | 2013-09-19 15:10 | その他