「ほっ」と。キャンペーン

こども4人とおとな2人の、猪苗代での日々をつづります


by stafyk

赤ちゃん、ひと月

突然ですが、
この記事から、子どもたちの名前を
フウ(長女)、シュウ(長男)、タア(次男)、シイ(次女)と表記することにしました。
子どもが多くて、記号のようにした方が書きやすいので(^^)

さて。
3月1日に、赤ちゃんは、生後1ヶ月になりました。
そうそう、名前は、侑加(ゆうか)と名付けました。
(このブログでは、ユウ(三女)になります)
夫婦で、ああでもない、こうでもない、と名付けを迷っているうちに、フウが赤ちゃんを「ゆうかちゃん」と呼び始めてしまったのです。
フウは学校で習った字、ということで「有花」が良かったようですが、姓名判断というのを見たら、「凶」。姓名判断にこだわりすぎではないか、とオットにも母にも言われましたが、あえて「凶」の名前をつけるのも嫌だったので、別の字を考えました。

侑は、ゆるす、たすけるの意。
加は、白川静という文字学の第一人者による、「鋤を加えて田や畑を耕すこと、豊穣の意」という解釈を参考に、名前に入れました。

特に「加」の字の解釈が、夫婦で気に入りました。
土から生まれるさまざまなこと、ものを大事にする子に育ってほしいです。

さて、ひと月の間に、ユウも含めて、5人の子どもたち全員に成長の軌跡がありました。
子どもたちって、すばらしいです。

細かい話はまた次の機会に。

ひと月を過ぎたら、ユウはよく寝、起きている時は機嫌良い時間が増え、ニコニコ笑顔を振りまくようになり、ウンチも日中に3回くらいにまとまるようになりました。
急に楽になり、家事なども進むようになりました。

いよいよ七人家族の生活の本格的スタートです。
f0294128_23082589.jpg
f0294128_23092712.jpg
 


[PR]
# by stafyk | 2015-03-11 22:44 | 家族のこと
f0294128_12523260.jpg
2月1日午前6時56分。
第5子となる三女が、無事誕生しました。
またまた同じような顔です。
これからますます賑やかになる我が家。
大騒ぎぶりが目に浮かびますが、でも、楽しみいっぱいです。
不安もないではない妊娠初期でしたが、今は喜びと安心に満たされています。

赤ちゃんを授かったことに感謝。
みな元気に過ごせることに感謝。

この子はどんな人生を歩んでいくのでしょう。

これからも、よろしくお願いします。

[PR]
# by stafyk | 2015-02-03 12:51 | 家族のこと

半月遅れの大掃除

12月の末は、とっても忙しいのと、
雪片付けの疲れがなかなか取れずに過ごしてしまったので、
やりたかった大掃除は先送りしていた。
私にとっては、赤ちゃんが生まれる前の日が大晦日。
その日までに赤ちゃんを迎える準備ができたらいいなあ、と
考えていたのだけど、1月に入り全員が学校や
幼稚園に行きだしても、ようやく台所の一部と居間を少し
模様替えして片付いただけ。
そうこうしているうちに、目標の一つであった母の来宅が
1月12日にあった。

母の来宅と私の体調の回復が重なったのはとても良いこと。
初日は健診に行かせてもらったので、あまり時間が取れなかったけれど、
次の日からの3日間、台所の模様替え、ずっと手つかずだった
2階の片付けにいそしむことができ、やっと我が家に
赤ちゃんを迎える準備が整ってきた気がする。

家に小さい人が誰もおらず、特にやらなければならない
用事もなく、自分の動きたいように動ける、それが
こんなに心満たされるものだったとは!
体調と天候が良かったのも幸いし、小さい子をお迎えに行く
4時ごろまで、思う存分家事をできたのは幸せだった。

私が幸せだと、子どもも幸せ。
平和な日々が続いて何よりです。

赤ちゃんが生まれたら忙しくなって、このまったり感はなくなるのでしょうし、
生まれるまでのわずかな時間、子どもたちと良い時を過ごしたいなあと
思うのでした。

それにしても、きれいな家って素敵♪
いつまでもつかしらん??
[PR]
# by stafyk | 2015-01-17 05:49 | 私日記

ご無沙汰しています

なんと、、、前回の更新から8か月も経っていました。。
立ち寄ってくださった方がいたら、申し訳なかったです。
そして、再びこれを読んでくださった方がいたら、
ありがとうございます。。

4月からいろいろなことがありました。
シホの保育園、
タツジの幼稚園それぞれ入園、
しゅうへいの小学校入学、
私のパート就職、
そして、

5人目妊娠発覚と妊婦生活。


あと2、3週間で家族は6人から7人に増えようとしています。

劇的な8か月でした。


シホはすっかり保育園に慣れ、相変わらず保育園では
おとなしい子のようですが、家ではよくしゃべり、
よくケンカを兄弟にふっかけ、元気いっぱいな女子になりました。
細かい多くのしつけを保育園でしていただき、ずいぶん
子育ては楽だったと思います。
そうこうしているうちに3歳になり、少しずつ、物わかりの良い
3歳児になってきましたが、いよいよ赤ちゃんが生まれる段になり、
不安ややきもちなどで、赤ちゃん返りが激しく、若干情緒不安定です。
3歳ゆえに、今までの子よりも事情がよく分かっているようです。
今のうちに甘えが出て良かったかな。

タツジもこれまた幼稚園大好きで、頼もしいお兄ちゃんに成長してきました。
シホには良い友達であり、やさしい兄ちゃんであり、時にはライバルになり、
とても良い兄妹になってくれています。
私の手伝いもよくしてくれて、本当にありがたい。
4月からはなんと、年長さん!
来年は小学生なのですねえ。
早いものです。
あんなに赤ちゃんだったのに。。
赤ちゃんを楽しみにしてくれています。

しゅうへいは、学校になじむのに時間がかかり、
登校しぶりも激しくありましたが、2学期の終わりから
雪が降り始めると、とっても楽しく通うようになりました。
それでも送りは親、それも教室まで一緒でないと
まだ駄目ですが、嫌がらなくなっただけでも大きな成長。
いずれは登校班で行ってほしいけど、一歩一歩、歩んでほしいところ。
家での冷静沈着さや快活さは、目覚ましいものがあります。
手伝ってほしいことはどんどん手伝ってくれるし、
しゅうへいの癖さえ理解していれば、手がかからなくなってきました。
これからの成長が楽しみ。

ふみこは、3年生になってずいぶん積極的に勉強や
クラスでの交友関係に向き合うようになりました。
猪苗代の歴史、さまざまな伝記など、興味の幅も広がりました。
そして、ことし一番の出来事は、初聖体を受けたことでしょう。
1年以上にわたる修道会での勉強を経て、ついに、
12月21日、初聖体の日を迎えました。
母から娘へ、娘から孫へと引き継がれた真っ白なドレスを身に着けて、
何だか生まれ変わったようになっていました。
お勉強したことを、大事にね。
ギターも、音符がだいぶわかるようになって曲ができるようになると、
とても楽しくなってきたみたい。
積極的にお父さんと練習するようになりました。
自覚して自分から練習するようになれば、ギターの力も伸びることでしょう。
がんばっていってほしいところ。

そして、私。

4月に事務員として入職し、4月の後半には妊娠が判明してしまいました。
誰にも伝える前に、7月には異動となり、事務より肉体的にハードな
介護の裏方仕事をすることになりました。
Iさんとの仕事は単調ながらも、事務の時にはなかった入所者の方との
かかわり、ランチ時のいろんな会話など、とても楽しい日々でした。
日々お腹が大きくなる中での肉体労働はなかなか大変でしたが、
なんとか産前6週まで働くことができ、産休に入りました。

出産予定日は2月1日。
ふみこは2日遅れ、
しゅうへいは予定日通り、
タツジは2日早まり、
シホは5日早まったことを考えると、
今度の子はもっと早くなるような気がしないでもありませんが、
長くてもあと2週間強で赤ちゃんは生まれることでしょうし、
ここまで無事に妊娠生活を続けることができたことには
ただただ感謝の気持ちです。

今までと違うのは、上の子たちが大きく成長していること、
ママ友達に頼っていた東京時代と違い、家族の絆を
より深めた猪苗代での出産であること、
すぐ上のきょうだいと3歳違いであり、昼間、赤ちゃんと2人きりに
なることが断然多くなること、です。
そのことは、楽しみでもあります。

妊娠生活、その他については、また次の機会に。

とりあえずの近況報告でした。

それではまた。。
[PR]
# by stafyk | 2015-01-17 05:10 | 家族のこと

春がきた タツジ編

f0294128_225211.jpg

f0294128_225260.jpg

f0294128_225299.jpg

タツジも一年間待ち続けた幼稚園に、ついに入園!
最初から預り保育が始まり、午前保育の数日間もお弁当持参で通ったのだけど、最初から「幼稚園は天国!」と楽しく通っている。

家で遊ぶ時間は減り、甘えん坊度も上がったけど、その代わり、お手伝いをたくさんしてくれたり、シホと遊んでくれたりと、お兄さん度もかなりアップ!

二年間の幼稚園生活、楽しみなことです。
[PR]
# by stafyk | 2014-04-23 02:02 | 未分類